Amazon輸入 仕入で使う最強のクレジットカード

 

ビットコイン・Purseを使ったAmazon輸入の格安仕入方法を紹介したところ、

「先にビットコインを購入する資金がない。。」
「他に有利な仕入ができる(資金がいらない)クレジットカードはないの?」

という反応を頂きました。

Amazon輸入 ビットコイン・Purseを使って10%安く仕入れる方法

 

ご認識の通り、ビットコイン・Purseを使った仕入には、先にキャッシュが必要になるので、資金がカツカツの状態では使えません。

ただ、クレジットカードだから資金がなくて良いという訳ではなく、仕入量の30~40%くらいは事前に資金準備しておかないとショートのリスクが高まります。

Amazon輸入では、商品を仕入れてから国際輸送を掛けてFBA納品するので、どうしてもリードタイムが長くなりがちだからです。

 

せどり業界でも一時期加熱した際に、「皆がクレカで大量仕入れをする→返済期限が近づいて価格競争に陥り大赤字or売れない→返済不能で破産」という負のスパイラルが雑誌に掲載されていましたね。

 

逆に、しっかりと原資金を確保したうえでクレジットカードを選択するのは、レバレッジを掛けて収入を増幅させることができるのでお勧めです。この資金とリスクの管理ができれば安定収入を得ることができます。

 

 

仕入に使えるクレジットカードの選び方

 

まず、クレジットカードを選定する際に気を付けるべきポイントは、

 

①還元率

②年会費

③ショッピング枠

④付帯サービス

 

です。④はおまけ程度です。

 

①還元率ですが、これは実質的に現金等価としての還元率と、余暇利用含めたサービス価値の還元率のどちらを重視するかという判断が必要です。

現金等価というのは、Amazonギフト券やTポイントなど、仕入資金に充当したり、実生活で現金の換わりに使えるもので、同等の資金支払いを減らせるものです。サービス価値の還元率は、航空会社のマイルなど現金相当にはならないけど、将来旅行したりする際に支払うべき現金の代替になるものです。

 

これは、どちらを好んで貯めるかという話で、
「何かに使うなんて考えられない。とにかく収入を現金で貯めたい。」
という派と、
「Amazon輸入で収入を得られたら、将来的には旅行に行って贅沢したい。」
という派に分かれたりします。

 

私の場合は旅行が好きなので、マイルやホテルポイントをクレジットカードの仕入で貯めています。普通の日常生活では何年か掛けてやっと特典航空券が取れるところ、仕入で使うと収入が得られて、しかも莫大なマイルが貯まります。

今年の1~6月で、ANAとJAL合わせて100万マイル以上貯まりましたし、使っていても70万マイルくらいあります。これだけあると、欧米にファーストクラスで4往復、ハワイにビジネスクラスで10往復、沖縄に40往復くらいできます。

01

02

 

②年会費ですが、やはり無料のクレジットカードに手が行きがちですが、還元率・ショッピング枠・付帯サービスを考えたら有料のクレジットカードの方が断然良いです。

ゴールドカードで1~2万円程度、プラチナで3~8万円程度の年会費が多いですが、まずはゴールドカードでメインとなるクレジットカードを選ぶのが良いかと思います。

 

③ショッピング枠は、カード利用の利用制限額で、多いに越したことはありません。通常のクレジットカードの場合は、返済して枠があくので、ひと月に使える額はショッピング枠の半分になります。

また、締め日と返済日の間隔も大切で、複数枚持つときは、末締めと15日締めを組み合わせたり、締めから返済日までの期間が長いクレジットカードが有利になります。

 

 

Amazonで割引が得られるクレジットカード

 

Amazon輸出であれば、日本のAmazon.co.jpで仕入を行うので、
サイトでの買い物に2.5%のポイント還元が得られるAmazon MasterCardゴールドが良いでしょう。

Amazon MasterCardゴールドはこちら

 

残念ながら、このクレジットカードはAmazon.co.jpの利用でしか2.5%が付かないので、Amazon.comでのAmazon輸入仕入には適用できません。(通常の1%しか付与されない)

 

では、Amazon.comで高還元のポイントが付与されるクレジットカードはないのかと思って調べていたところ、こんなものがありました。

Amazon Prime Rewards Visa Signature Card

 

Amazon.comでの買い物 : 5%のポイント還元、
レストラン・ガソリンスタンド・薬局での買い物 : 2%のポイント還元
その他の買い物 : 1%のポイント還元、

しかも、カードの年会費無料、プライム会員資格の自動付与(年間99ドル相当)、70ドルのギフト券プレゼント付き。

 

おー、素晴らしい!発行しようと思ったところ・・・
Issuer(発行元)がチェースバンクというアメリカの銀行で、おそらく難しいかと思います。

アメリカでは、デビットカードは簡単に作れますが、クレジットカードはヒストリーがないとなかなか承認されず、私もラスベガスの留学生時代には結局作れませんでした。

何か良い方法がないか、いろいろ調べているので、見つかったらぜひ情報シェアしたいと思います。5%の割引は大きいですからね。

 

マイルが貯められるクレジットカード

 

一方で、「Amazon輸入で収益を上げつつも、一年に何回かは旅行に行って贅沢したい。」という方には、マイルやホテルポイントを貯めるクレジットカードを使った方が効率が良いです。

なぜなら、実際に航空券やホテル宿泊に掛かる費用に対して、クレジットカードのマイルやホテルポイントの積算率が異常に高いからです。

 

例えば、ハワイ行きのビジネスクラスであれば、通常期で往復40~50万円しますが、これが特典航空券の場合は6.5万マイルで行けます。1マイルあたり6~8円の価値になります。

クレジットカードのマイル付与率が、利用額の約1~2%なので、円換算した還元率が5~16%にもなるのです。将来旅行に行きたい方は、Amazon輸入で収入を得つつ、マイルやポイントを貯めるのがお勧めです。

 

実際に私が使っているクレジットカードは、以下の2枚です。

 

spgアメックス

ANA、JALをはじめ32社の航空会社のマイルに交換できて、しかも還元率が1.25%。SPGやマリオット系列のポイントとしても利用可能。

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカード

ANAマイルが1.5%(最大1.94%)まで溜まる高還元率クレジットカード。

 

これらのクレジットカードのお陰で、使い切れないくらいのマイルやホテルポイントが入り続けているので、航空券もホテルもタダで行けています。

ぜひ活用してみてください。

 

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ