物販と仮想通貨の連携 coincheckの口座開設・取引方法詳細

 

昨日、ビットコインを経由して、
Amazon.comの仕入を10%安くする方法をお伝えしました。

「Amazon輸入 ビットコイン・Purseを使って10%安く仕入れる方法」

 

早速反響をいただいて、

「10%安く仕入できるなら、かなり利益率が上がりそうです。
早速やってみます。」

「仮想通貨初めてなので、取引方法がわかりません。教えてください。」

という積極的なコメントから、

 

「仮想通貨なんか危なそうなので、手を出したくないです。」

「運用を失敗して、物販の利益がなくなったら、元も子もない・・・」

という意見までいただきました。

 

少し前提として勘違いされていたのは、ビットコインで『運用』はしません
将来的な値上がりを見込んで、ビットコインに投資しようとすると
もちろん元本割れのリスクを負うことになります。

そうではなくて、『経由』させるだけなので、
Suicaなどの電子マネーのようにチャージして使うイメージです。
決済手段としてすぐに使い、相場変動リスクを取らないようにします

 

このあたり、どの決済手段を使うとか、どの転送会社を選ぶとか、
物販ビジネスの収益構造を決める重要なファクターなので
吟味して、随時ブラッシュアップしていくのが良いかと思います。

サービスや価格体系は常に進化していくので、
いま選択しているものが、競合と比べて劣っていると
それだけで収益を継続的に上げていくのは難しくなってしまいます。

 

それでは、今回は、
具体的なやり方(その1)、ビットコインの買い方をお伝えしたいと思います。
ビットコインを買うには、取引所にアカウントを作る必要があります。

 

coincheck(コインチェック)の口座開設方法(無料)

 

流れとしては、

①coincheckという仮想通貨の取引所にアカウントを作る(約1分)

②セキュリティ設定、本人確認を行う(約5分)

③本人確認の郵送物を受け取る(約2~3日)

という簡単なステップで、取引ができるようになります。
以下、手順を説明していきます。

 

1)下記からcoincheckのサイトに移動します。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

2)①メールアドレス、②パスワードを入力して、③チェックを入れ、
「アカウント作成」をクリックします。(Facebookでも可)

02

 

3)指定したメールアドレス宛に登録確認メールが送られて来ます。

03

 

4)メール本文にある登録リンクをクリックすればアカウント開設完了です。

04

 

5)続いて、セキュリティの設定をしていきます。

05

 

6)はじめに、「本人確認」をクリックします。

06

 

7)①氏名、②フリガナ、③性別、④生年月日、⑤住所を入力します。ここで本人確認書類の画像データに加えて、本人が書類を持って移っている画像が必要なので白い壁を背景に写真を取っておきます。⑥その画像を「ファイルを選択する」をクリックしてアップロードします。

07

 

8)⑦⑧本人確認資料の表面と裏面を「ファイルを選択する」をクリックしてアップロードして、⑨「本人確認資料を提出する」をクリックします。

08

 

10)①「預金通帳確認」をクリックします。②通帳の表紙の画像を取り、「ファイルを選択する」をクリックしてアップロードして、③「提出する」をクリックします。

10

 

11)下記画面が表示され、coincheck側で確認ができたら、メールが送られて来ます。

11

 

12)①「電話番号認証」をクリックします。②電話番号を入力して、③「SMSを送信する」をクリックします。④SMSに送られてきた認証コードを入力して、⑤「認証する」をクリックします。

12

 

13)電話番号認証が完了すると、下記画面が表示されます。

13

 

14)①「二段階認証」をクリックします。②ご自身のデバイスに合わせて、認証アプリをダウンロードします。③「Setting」をクリックします。

14

 

15)①アプリで二次元バーコードを読み取り、②表示された数字を入力して、③「設定する」をクリックします。

15

 

16)二段階認証が完了すると、下記画面が表示されます。

16

 

本人確認資料を提出してから、2~3日後に転送不要郵便が送られて来ます。
coincheck側で、受取確認が済むと取引できるようになります。

 

 

ビットコインの購入方法

 

1)「ウォレット」→「日本円/USドルを入金する」をクリックします。

a

 

2)振込先の口座情報が出ますので、こちらへ振込みます。
(振込人名義の前にIDを入れるのを忘れないようにします)

b

 

3)トップ画面に反映されたのを確認します。通常、銀行営業時間であれば10分以内には反映されます。銀行営業時間外(15時以降)に振り込んだ場合は、翌営業日の9:30頃までには反映されます。

c

 

4)「取引所」をクリックして、現物取引の欄に、①購入したい価格、②数量、③「買い」を選択して、④「注文する」をクリックします。

h

 

5)問題なく注文が入ると、「注文をしました」と表示されます。

i

 

6)「未約定の注文」の欄に、注文した情報が表示されます。取引が成立する前であれば、「キャンセル」をクリックして取り消すことができます。

j

 

7)無事に取引が成立すれば、トップ画像のビットコイン残高に追加されます。

k

 

 

ビットコインの送金方法

 

1)coincheck側で、「ウォレット」をクリック、「コインを送る」をクリックします。①Purseの受信アドレスを入力して、②送付したい数量を入力、③「送金する」をクリックします。

l

 

2)無事に送信できると、「送信しました」と表示されます。

m

 

ビットコインの送金が完了すると、
Purse側で土日も含めてほぼ同時にチャージ額が反映されます。
これで、PurseでAmazon.comに安く発注する下準備が完了です。

 

以上、今回はビットコイン取引所であるcoincheckの
口座開設、ビットコイン購入送金方法について説明しました。

 

次回は、Amazon.comから安く仕入れる方法について、
Purseの具体的な使い方を解説していきます。
 
 

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ