Amazonアカウント サスペンド復活への道のり・・・

 

 

ご無沙汰しております。

約1年ぶりのブログ更新になりましたが、無事に生きております(笑)

 

更新が止まっていた間も、閲覧やお問い合わせ頂き、ありがとうございます。
「その期間に何やってたの?」と、よく聞かれますが、物販、FX、仮想通貨、airbnbなど、いろいろプレーヤーとして活動していました。

 

最近、自動的に運営できるような体制に落ち着いたので、ブログを再開させていこうと思います。物販やその他事業の経験値もかなり上がったので、ぜひまた読んで頂けると嬉しい限りです。

 

それにしても、いろいろやってみて、
物販というのが、いかに手堅いビジネスなのか痛感させられました(笑)
一度仕組みを作ってしまえば、継続的に収入が得られるので、
投資系でぶっ飛ぶようなリスクはほぼないと言えます。

 

現に、仮想通貨やairbnbでは結構痛い目にあいましたが、
物販収益がきっちりカバーしているので、それほど困ることもありません。

 

そんな安定した日々を送っていたのですが、
最近、物販でもちょっと面倒な事件が起こりまして・・・

 

 

Amazonアカウントがサスペンドになりました!

 

 

以前、知人のアカウントがサスペンドになったときの復活劇はこちら

『Amazonアカウントが閉鎖されました・・・』

 

彼はその後、物販と情報発信を絡めた新たな収入源を開拓して、

順調にビジネスを展開されているようです^^

 

 

今回は正真正銘、自分のアカウントです。

復活に向けて、Amazonのアカウントスペシャリストとのやり取りをしている最中なので、対応と結果を現在進行形でお届けしていこうと思います。

 

ことの発端は6月21日、まさに3日前ですが、いきなりメールが届きました。

 

——————

Hello,

You currently may not sell on Amazon.com because we received complaints about the authenticity of the items listed at the end of this email. Funds will not be transferred to you but will stay in your account while we work with you to address this issue.

To sell on Amazon again, please send us a plan with actions you took to resolve the issue and prevent similar complaints. Do not limit your plan to issues with specific orders.

Get help creating your plan in Seller Central Help (https://sellercentral.amazon.com/gp/help/200370560). To send us your plan, click the Appeal button next to this email on the Performance Notifications page in Seller Central.

Complaint type: Inauthentic
ASIN: ●
Title: ●

——————

 

簡単にいうと、お客さまに販売した●という商品が偽物だとクレームが入ってる。

Amazonで販売する権利を止めるから、本物である証明(領収書)と改善計画を17日以内に出して。それでもアカウントが復活するとは限らないよ・・・

という内容です。

 

 

このアカウント、月の売上2,000万円以上あるんですけど・・・^^;

18308770_1959688670932835_1283312551_n

 

もしこのままサスペンドが解消されないとしたら、

1,000万円近い2週間分の売上金留保と、1,000万円以上のFBA在庫の処理が必要になります。久しぶりにシビれましたね。。

へこんでいても仕方がないので、解消されるようにアピールをしっかりする。そのうえで、最悪ダメなら在庫を引き上げて別のアカウントで売るという対応をする訳です。

 

ちなみに、サスペンドされる原因としては、だいたい以下のケースです。

・偽造品の販売(真贋の疑い)

・著作権商品の販売

・アカウントヘルスの悪化

 

FBAオンリーであれば、アカウントヘルスが原因でサスペンドになることは、非常にまれですが、偽造品と著作権絡みのサスペンドは普通に起こりえるので困りますね。

 

 

サスペンド復活への対処方法

 

セラーセントラルにログインしたトップ下に下記のような警告マークが出ます。

 

0624_01

 

Perfomance notificationsの通知にあるAppealから改善計画を提出します。

 

0624_02

 

これを、17日以内に提出する必要があるのですが、これは一日でも早い方が良いです。知人でも復活した事例があるのですが、やはりすぐに行動していました。

ただし、ネットに落ちている雑な内容を提出しても効果薄で、きっちり練られた納得感のある内容が求められます。内容が不十分だと、ほぼ自動返信みたいなメールで「不十分だから再提出せよ」というのが送られてきます。

 

今回私が提出した内容がこちら

——————

お世話になります。
いつも御社で販売させて頂き、ありがとうございます。

今回、以下の商品がお客様より偽物の可能性があるとしてご連絡頂きました。

ASIN: ●
Title: ●

当社全体で重く受け止めており、二度と再発しないよう改善計画を作り、
実施しておりますので、早急にアカウントを復活頂けますようお願いします。

なお、商品仕入元の●に事実を確認いたしましたが、メーカーより直接購入しており、当該商品が偽物の可能性はないと考えられます。このサプライヤーは●社で、日本のAmazonや大手EC会社と契約を持ち、信頼される業者です。

<ホームページのリンク>

必要であれば、上記サプライヤーに直接コンタクト頂き、本物であることをご確認ください。

また、サプライヤーが発行した領収書を添付しますので、ご確認お願いします。弊社は3年もこの会社と付き合いがあり、多様な商品を販売しておりますが、今まで一度も、偽物商品であったことがなく、お客様からクレームを頂いたこともありません。

ただ、今回、お客様より指摘を受けたことはとても重大な事実だと受け止めております。おそらく、梱包方法に問題があり、ケースや本体に損傷があったため、お客様が偽造品の類と勘違いされてしまった可能性が考えられます。

この点については、当社も反省すべき点が大きく、二度とこのようなことが起こらないよう以下の改善プランを実施していく予定です。

<改善プランの列挙>

当社はこれまで、●件(100%)のポジティブフィードバックを頂いていて、お客様の満足度は非常に高いと自負しております。これからも、お客様の要望に応え、セラーの模範となるよう努めていきます。

それでは、可能な限り、早急にアカウントを再開させて頂ければ幸いです。

担当者

店舗名

——————

 

というような、内容です。

添付する領収書ですが、可能であれば英文が望ましいと思います。
(知人は日本語の領収書を添付して復活していましたが)
そして、項目として以下を網羅する必要があります。

 

・サプライヤー情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイト)

・バイヤー情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイト)

・商品名

・数量

・日付

 

価格情報は消しても構わないとあるのですが、そのまま出すほうが良いでしょう。

 

ここで辛いのが、日本のAmazonで購入した際の領収書は通用しないということです。私は以前に別のアカウントがサスペンドになった際に、日本Amazonの領収書を添付して、「Amazonは偽物を売らないんでしょ。日本のAmazonで買ったものだから本物の証明になるよね?」と押していったのですが、認められないの一点張りでした。きちんと、正式なメーカー・卸業者が発行した領収書を出す必要があります。

 

 

これを踏まえて、提出後のAmazonの反応は2パターンです。

①「不十分だから再提出せよ」

②「改善計画受領したから審査終わったら結果をメールする」

 

①なら再度練り直して提出するのですが、②の回答がすぐに来ない場合、
毎日改善計画をブラッシュアップして、送り続けた方が良いです。

 

最初はつれない自動返信メールだったのが、
改善計画をしっかり読んで返答している文面になっていたり、
担当が変わるとサスペンド解除になったりすることがあるようです。

なので、諦めずに粘り強くメールを送り続ける必要があります。

 

 

それでも、結果は分からない

 

万全の対応をしたとしても、サスペンドが解除になるかは分かりません。
その時期のAmazonの姿勢・締め付け具合だったり、たまたま当たった担当者のアタリハズレだったりで、同じ対応をしても解除されたり、されなかったりします。

ここばかりは、どうすることもできないので、
できる限りの対処はしたうえで、ダメなら気持ちを切り替えて
次の策を展開していくしかないですね。

新規アカウントを作って、在庫を入れ直す場合は、
閉鎖されたアカウントと紐付かないようにする必要があります。
くれぐれもご注意を!こちらに紐付け要因となるものを記載しています。

『Amazonアカウントが閉鎖されました・・・』

 

さて、どうなることか・・・結果はまた報告します。

 

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ