月収10万円、50万円、そして100万円の壁を超える

 

山崎です。

 

今回は、一番関心が高いと思われる、収入という数字の話です。

 

 

Amazon輸出入に取り組みながら、

初心者の方、

ある程度実績が出始めている方、

収入は増えながらも、まだ安定して月収100万円には届かない方まで、

 

 

どうしたら、その「壁」を超えていけるのか

取り組み方についてお伝えしていきます。

 

 

実は、実践者の方とお話をしていると、

それぞれのステージにおいて、

その伸び悩みを引き起こしている「共通点」があります。

 

 

その壁を突破して、収入アップを図っていきましょう!

 

 

初心者の壁「月収10万円」を超える

 

 

まず、最初の関門が、月収10万円の壁です。

 

 

ある程度実績が出ている方からすれば、

「月収10万円なんて簡単。誰でもやればできるよ~」

なんて思われているかと思いますが、

それは、この壁を超えたから言えるもの。

 

 

誰もが、輸出入を始めたばかりの頃、

本当にそんなに稼げるのか半信半疑ながら

リサーチに明け暮れる日々を過ごしていたと思います。

 

 

しかし、ある時を境に、一気に自信が出るのです。

「自分は稼げている」と、

それがまさに壁を突破した瞬間なのです。

 

 

正直なところ、きちんと取り組みさえすれば、

月収10万円を稼ぐのは、ほぼ100%誰にでもできてしまう

というのがAmazon輸出入の最大の魅力です。

 

 

ところが、この稼ぎ方を知った方のうち、9割以上の方が、

この壁を越えられずに、やめてしまうのが実態でもあります。

 

 

なぜ、10万円稼げずにやめてしまうのか?

 

 

それが『10万円の壁』となる3つの要因です。

 

 

要因1: 正しい情報を入手できていない

 

 

まず、Amazon輸出入で稼ぐための

正しい方法自体を知らなければ話になりません。

 

 

往々にして間違いやすいのは、

 

・そもそも間違った情報を元に実践している

・自分のステージに合っていない情報に気を取られている

 

というのがあります。

 

 

ググれば、ほとんどどんな情報も手に入る今のご時世、

情報が氾濫しています。

 

 

アカウント開設や納品の仕方など、手続きに関する情報は

誰でも知ればできることなので淡々とこなすだけですが、

 

稼ぎを生み出すリサーチや仕入のやり方は、

実践者の数ほど”正しい手法”が存在していて、

筋の良くないプレーヤーを手本にしているとあまり稼げません。

 

 

このあたりの見極めが大切なのですが、

初心者の立場からすると何が良くて、何が悪いのか

判断するのが難しいと思います。

 

 

そこで、今の時点では、

 

・その人物が実際に現役でプレーヤーとして稼げているのか
(陳腐化する情報ものがあるので、現役でないと信憑性が落ちます)

 

・その主義主張やロジックが信頼でき、自分に合うものか

 

という点で判断してみてください。

 

 

そして、「この人のやり方で稼いでみよう!」と決めたら、

2~3ヶ月は、他の情報や自分のアレンジを加えずに、

ひたすらその方法を忠実に再現することだけに専念しましょう。

 

 

いろいろな試行錯誤の末に、

そのオリジナル手法が完成しているので、

とっさに思いつく程度の付け焼刃の手直しは

改悪になる場合がほとんどです。

 

 

オリジナル手法でしっかり稼げるようになってから、

自分なりのスパイスを加えていく方が

最短で、より稼げるようになる秘訣ですね。

 

 

また、自分のステージに合っていない情報にばかり

気を取られている人が多いというのも実際によく見かけます。

 

 

これは、まだ始めたばかりにも関わらず、

モンスター級の物販プレーヤーの話に刺激を受けて、

オリジナル商品を作ったり、新規の市場を開拓したりと

自分の状況・立場を超えた話を妄想ばかりしているケースです。

 

 

確かに、「周囲の平均年収が、自分の年収になる」

とよく言われるように、

稼げる人たちと親交を持ち、モチベーションを上げるのは

とても大切なことです。

 

 

ただ、意識しておかないといけないのが、

初心者ほど基礎的なことを淡々とやるだけなので、

実際の取り組み方や作業の手本とする人や内容は、

今の現状に照らし合わせて選ぶということが大切です。

 

 

月収10万円を超えるのに、

やることは本当にシンプルです。

 

良いと言われるものを、そのまま完全にコピーするだけ。

余計なアレンジや雲の上の話は、一切必要ありません。

 

 

 

要因2: 稼ぐ目的と目標を明確にできていない

 

 

人は生来、ナマケモノなので、

苦痛なアクションを継続的に起こしていくには、

強烈な目的や目標がないとなかなか続くものではありません。

 

 

だって、平日は本業から夜遅くに、疲れて帰ってきたら、

ビール飲んで、テレビ見て、寝たいですよね?

休みの日も、遊びに行くか、家でゴロゴロしたいですよね?

 

 

でも、何でせっせとリサーチや梱包するのでしょうか?

 

 

それは、もちろん「お金を稼ぎたい」というのが、

誰もが唯一共通しているテーマなのですが、

実はそれだけでは不十分なのです。

 

 

お金を稼ぐのは、

何らかしらの「ため」にやっているのであって、

実は、それ自体が目的ではありません。

 

 

例えば、

「借金を返済するのに、何が何でも稼がないといけない」

「生活費や住宅ローンの返済、子供の教育費に少しでも足しになれば」

「旅行や高級レストラン三昧の贅沢暮らしをしたい」

「世界中を旅するノマドワーカーになりたい」

など、人それぞれ状況は違うと思います。

 

 

ここで、自分なりの目的を明確に描いて、

 

目的を成し遂げて得られる喜び

> 稼ぐために必要な時間・労力・ストレス

 

をはっきり意識しないと、

多少の厄介事があるだけで、どうしても心が折れてしまいます。

 

 

なので、クリアにイメージするのが大切です。

 

「あなたは、稼いで、どういう状態になりたいですか?」

 

 

「はいはい、例のマインド論ね」

「いいから稼げるやり方教えてよ」

と言う方ほど稼げていませんし、伝えてもすぐ止めてしまいます。

 

 

自分の力で収入を得ていくというのは、

やはり大変なことですし、相応の覚悟が必要なことで、

一度は真剣に向き合った方が良いですね。

 

 

 

要因3: 没頭できる環境を整えていない

 

 

これは、要因2とも重なるところがあるのですが、

やり方が分かり、意識が高まったとしても、「続かない」のが人間です。

 

 

私は、昨年6月にブログを始めて、

30日間更新して、続かなくなりました(苦笑)

 

 

はじめの頃は、「よーしやってやる!」と張り切っていたのですが、

そのテンションも日に日に落ちてきて、

気付けば、「早く止めたい」としか思わなかったのです。

 

 

自分でも、あれだけ盛り上がっていた気持ちは、

どこに行ってしまったのだろうと不思議でなりません。

 

 

ダイエットや禁煙をされたことがある方は、

同じ経験をされているかもしれませんね。

 

 

その日は何とかなっても、翌日、三日後、一ヶ月後、

その時の気持ちを貫いて、続けるというのが

いかに難しいか実感されている方が多いのかと思います。

 

 

もし、貫徹されているとしたら、

強靭な精神力をお持ちの方だと思いますので、

とても尊敬します。

 

 

私のような普通の人間の心は移ろいやすく、

もろいものだと改めて実感しましたね。

 

 

もし、あなたも、私と同じく普通の人間側でしたら、

残念ですが、そういうものだと割り切ってしまいましょう。

 

 

精神力を上げて、耐えられるようにするというのは、

はっきり言って不可能なので、強制的に続けられるような

「環境」を作り上げてします方が確実だと思います。

 

 

環境は、3つあります。

 

・物理的な空間や機材

・同じ状況に置かれた仲間

・追い込む理由

 

 

飲み会や遊びへの誘い、家の中ではお酒やベッドに、

ついつい吸い寄せられるように手が出てしまう・・・

 

こんな楽しいこと、楽なことの誘惑に

負けてしまったことはありませんでしょうか?

 

 

もちろん、楽しみながら稼げるのが、

ネット物販の魅力なので、それ自体は悪いことではないのですが、

きちんとコントロールすることが大切ですね。

 

 

私はまだ取り組み初期のころ、

遊びの付き合いは週に1回、お酒は家に置かないなど

ルール付けをしていました。

 

 

そのお蔭か、開始2ヶ月目には既に月収10万円はクリアできました。

 

 

あと、機材についても、ある程度良いものを揃えた方が良いです。

 

 

ノートPCで作業されている方も多いですが、

私はデスクトップPC、デュアルディスプレイ、光回線を導入して、

圧倒的に作業効率が上がりました。

 

 

自宅にこのような空間・機材を設置していると、

それがあることでやる気が起こり、

その機能自体も作業効率アップに繋がります。

 

 

PCも6万円前後、ディスプレイも1枚1万円くらいなので、

10万円もしないで、一式揃えることができます。

 

 

次に、「同じ状況に置かれた仲間」です。

 

 

やはり、何らかのコミュニティに属していると、

同じ問題や悩みを抱えた人がいて、とても心強くなります。

 

 

そして、その状況をどう乗り越えていったのか、

自分より少し先を行っている”先輩”のやり方を取り入れ、

模倣することで、同じように乗り越えて行けます。

 

 

やはり、上手く行っているやり方を

そのまま模倣するのが一番最短距離で成功します。

この分野では何ら新たに作り出すことは必要ないのです。

 

 

ただ、コミュニティ自体は、

あまり活性化されていないもの、

入ってもあまり役に立たないものが多いので注意が必要です。

 

 

コミュニティは入る前に、

既に参加しているメンバーと実際に話してみるのをおススメします。

 

運営者はセールストークをするものなので、

それを分かったうえで判断しましょう。

 

 

参加者から生の声を聞くこと、

そしてその参加者自体が”先輩”として、

お手本にできる方なのかどうかを判断します。

 

 

最後に、「追い込む理由」ですが、

やはりこれが、一番強い後押しになると思います。

 

 

「稼がないといけない理由」が

元からある人はそれでも良いですし、

なければ、それを自ら作ってしまうのです。

 

 

例えば、昨年、私は300万円以上を

ビジネスを進めるうえでの環境に投資しました。

コンサル、熟、コミュニティなど、

そして、その投資額を圧倒的に上回るほど稼いできました。

 

 

やはりお金を使っていると、

「それ以上のものを回収しない訳にはいかない」

という理由が、自分を強く後押しするのです。

 

 

もちろん、その中身に価値があるものを吟味して

投資するものは厳選しているのですが、

価格が価値を超えると判断したら、躊躇なく参加します。

 

 

無料のものでも構わないのですが、

「無料だから稼げなくてもいいや」と思えてしまうのなら、

それは良くありません。

 

 

何らかの有料サービスに参加されている人の方が、

実際に稼げている確率が高く、稼げるまでの時間も短い

というのは、紛れもない事実です。

 

 

ただ、一点注意があります。

くれぐれも「ノウハウコレクター」にならないでください!

 

 

ノウハウコレクターとは、いろんな手法を「知る」のに満足して、

実際に、「やる」「稼ぐ」ということをしないで、

次々にいろんなものに手を出す方を言います。

 

 

お金を払って、その手法を知ったのにやらず、

次へ行く方は、それが徐々に「常習化」します。

 

 

つまり、お金を払ったことに対して、

「稼がないと!」という抑止力が働かないで、

「お金を払う」「知る」ということに快楽を覚えます。

 

 

自分に限って「そんなことはあり得ない!」と思われがちですが、

少なからず、一度有償のものに手を出すと、

二度目からは、かなりハードルが低くなります。

 

 

私も最初お金を払う時は、かなり悩みましたし、

決済のクリックボタンを押す時は、ガクガクしました(笑)

 

それがいつしか、あまり気を留めずに、できてしまうのです。

「常習化」というのは、怖いものです。

 

 

なので、有料サービスに入るのであれば、

「最初に入ったもので必ず結果を出す!」

これを徹底してみてください。

 

最初の結果で、その後の成果が左右されます。

 

 

また、もし既に何らかの有料サービスに入ったけど、

結果が出ずに止めちゃったという方は、

「次の一手で必ず結果を出す!ダメならもう手を引く」

くらい、背水の陣で臨むことをおススメします。

 

 

この点さえ、気を付けておけば、

有料サービスは質も高いですし、良い後押しのきっかけになります。

 

 

もちろん、それ以外にも自分を追い込む理由は作れます。

 

「家族や友人に目標を宣言する」

「両親に高価なプレゼントをすることを約束する」

「ローンを組んで、欲しいものを買ってしまう」

 

自身自身が、”本当にやらなければ”と

思えるものであれば、何でも構いません。

 

 

 

今回は、初心者の壁「月収10万円」を超えるというテーマで、

 

①正しい情報を入手する

②稼ぐ目的と目標を明確にもつ

③没頭できる環境を整える

 

ということをお話してきました。

 

 

10万円の壁はできるだけ早く越えてしまう方が良いです。

なんか稼げるかどうか分からない状況で、

時間や労力ばかり掛かるのは、とてもストレスになります。

 

 

短期集中で乗り越えていきましょう!

 

 

次回は、「月収50万円」「月収100万円」の壁についてのお話です。

 

 

 

 

追伸

 

昨日は、所属している物販&情報発信コミュニティの懇親会でした。

 

やはり、そこで知ったことが稼げるきっかけになりますし、

何より、仲間がいるとモチベーションが上がりますね。

 

 

いくつかコミュニティに参加して思うのが、

集まるメンバーの人柄や考えが運営者に似ているということ。

 

知識としての教えもあるのですが、結局は人と人との繋がりです。

 

この人に教えてもらいたいとか、この集まりにいたい

と思われる運営者の「器」が、色濃く出ていますね。

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ