初心者が最短最速で稼ぐための道しるべ

 

山崎です。

 

 

今回は、

「初心者が最短最速で稼ぐための道しるべ」

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

これからAmazon輸出入を始めたいと思っているけど、

何からやって良いかわからないという方向けの内容ですが、

 

実は、「最短最速で」という言葉の通り、

経験者の方でも、いま一つ成長スピードに物足りなさを

感じられている方には気付きのヒントがあると思います。

 

 

考えるべきこと、取り組むべきことは、とてもシンプルです。

 

 

どのビジネスに取り組むか?

 

 

まず始めにするのは、

「何のビジネスをするか」を決めることです。

 

 

これでは広すぎるので、転売という手法に絞って考えると、

 

「どこで買うか」×「どこで売るか」ですね。

 

 

ざっくりと添付のように多種多様な組み合わせがあります。

 

図1

 

 

こうしたいくつものパターンを見ると、

 

あなたが、Amazon輸入に取り組まれているのであれば、

「なぜAmazon輸入を選ばれたのでしょうか?」

 

あるいは、Amazon輸出に取り組まれているのであれば、

「他の選択肢も見たうえで、Amazon輸出なのでしょうか?」

 

 

実際は、この多様なパターンがあるなかで、

「なんとなく最初に本やネットで出会ったビジネス」を

選んでいる方がほとんどというのが現実だと思われます。

 

 

逆に、あれもこれもと見たうえで、

それでもAmazon輸入やAmazon輸出という選択肢を

選ばれている方は結構少ないのではないでしょうか。

 

 

本来は、市場として稼ぎやすくて、その上自身に合っている分野で

ビジネスをするというのが鉄板なので、

その辺りの吟味をしてから選ぶというのが最善なのですが・・・

 

 

ここでは、そんな話はどうでも良いです(笑)

 

 

初心者の段階では、こんな何パターンもある転売市場で

どれが良いかを研究者のように調べていても時間の無駄なので、

一番稼ぎやすい市場で、さっさと実践する方がずっと意味があります。

 

 

それでは、「どこが一番稼ぎやすいのか?」

 

 

まず初めに、”初心者”という要素を加味すると、

誰がやってもある程度の成果が出るほど、

仕組み自体がシンプルである必要があります。

 

 

そのシンプルさとして、

「誰もができる小売市場からの仕入」

「個人の集客力が関係ないプラットフォーム販売」

という2点を兼ね備えていて、

 

 

更に、その爆発的な販売力からAmazon転売が選ばれているというのは、

妥当な判断だと思います。

 

 

もちろん、ある程度売上が上がってきて、

物販の実力を持たれている方からすると、

プラットフォームリスクもあり、

初心者との差別化が難しいAmazonは物足りないかもしれません。

 

 

ただ、「初心者が最短最速で確実に稼ぐ」という点においては、

今のところ、”Amazon”という選択肢が最適だと思われます。

 

 

そして、Amazonを使った転売市場であれば、

 

・国内せどり

・Amazon輸入

・Amazon輸出

 

このうち、

 

「いま、どれが一番稼ぎやすいのか?」

 

 

 

それは、”Amazon輸入”です。

 

 

これを話したときに、

いくつか転売を経験してきた私の知人は驚きました(笑)

 

「今さら、Amazon輸入だって!?」

 

「数年前に飽和して稼げなくなったでしょ。」

 

「輸出の方が新しいし、為替リスクのない国内転売の方がいいよ」

 

と、だいたいこんな反応を頂きます。

 

 

しかし、現実は違います。

 

 

私は、転売市場の流れや為替動向などを占うことには一切興味がなく、

データで実証しているから、こう言えています。

 

 

つまり、数百万件という商品データを蓄積して、

その結果に基づき商品選定とテスト納品・販売を行った結果、

利益率と回転率が、輸出より輸入が上回っているというのが

現時点で検証されたということなのです。

 

 

そして、国内せどりよりも輸出入が稼ぎやすいという点は、

データの精査・突合で、完全にルール・自動化して仕入判断を

行うことができるため、効率化したら時給10万円以上の仕入を

コンスタントに行えるという点にあります。

 

 

国内せどり、Amazon輸入、Amazon輸出の全てを実践してきたから、

それぞれの特徴や良し悪しが分かっていますが、

「いま何でもよいから、よーいどんで始めろ」と言われたら、

確実にAmazon輸入が一番稼ぎやすいです。

 

 

小難しい話は抜きにしても、

これから始めるのに、何をしたら良いかと迷われている方は、

いま一番稼ぎやすい、”Amazon輸入”を選ぶのが良いかと思います。

 

 

最初の1ヶ月で勝負が決まる

 

 

さて、分野を決めて、

いよいよ取り組もうと思われてから、

「どれだけスタートダッシュを掛けられるか」が大切です。

 

 

突き抜ける人と、ダラダラしてしまう人の差は、

如実にこのスピード感に表れます。

 

 

「同じ時期にネットビジネスや物販を始めたのに、いつの間にか

大きな差がついてしまった」という仲間はいませんでしょうか?

 

 

そして、「その差はどこから生まれたのか?」

 

 

これは多くの場合、

取り組み初期の方向性と力量で決まっていると思います。

 

 

つまり、開始2~4週間くらいで、どれだけやれるかです。

 

 

アカウント開設やPCや拡張機能のセッティングなどは、

正直なところ、どの解説本やブログを見ても大差はありませんし、

サクッと終わらせるべきところです。

 

 

違いは、その先から生まれます。

 

 

特に、リサーチという物販の鬼門で、

 

「闇雲に、ひたすら商品をリサーチし始める人」

「体系的にリサーチできる方法を見定めてから実践する人」

 

何人も話を聞いていると、ここで明確に分かれています。

 

 

実際に、私がリサーチをお伝えしている方には、

「セラーリサーチを徹底的にやる」ところから始めてもらいます。

 

 

なぜなら、Amazonでは、特別に人と変わったことをする必要はなく、

稼げている人を完全にコピーするのが、最短で稼げる方法だからです。

 

 

このような話をすると、

「セラーリサーチなんてやってるよ」という反応を頂くのですが、

 

 

セラーリサーチは、

「セラーの商品リサーチをする」のではなくて、

「セラー自体のリサーチを徹底して、完璧なセラーリストを作る」

ということだけを行います。

 

 

なぜそれが良いかと言うと、

セラーには良し悪しがあり、かつセラーの保有在庫一覧は、

たまたまその時点で在庫があった商品だけ表示されるからです。

 

 

つまり、セラーをいくつかの基準によって評価して、

優れたセラーの商品は頻度高くチェックすることにより、

より良い商品を定期的に抽出できる可能性が高くなります。

 

 

それを、単にセラーが持っている商品を抽出するだけでは、

その一過性の要素に左右され、作業自体が多くの無駄を

持っているということがお分かり頂けると思います。

 

 

そして、十分なセラーリストが完成したら、

そこから初めて商品のリサーチに着手します。

 

 

ここでの大切な点は、

・きちんと抽出した商品をリスト化すること

・同じ商品は重複してリサーチしないこと

・仕入にいたらないNG商品もそのデータを残すこと

になります。

 

 

同じ商品を何度も見たり、NG商品を何度も判断するという

非効率を、リスト化により排除していくということが重要で、

そのリストにある商品は、利益や売行きが良くなったタイミングで

いつでも仕入できるという「独自の資産」になっていくのです。

 

 

この時点でお分かり頂けたと思います。

 

圧倒的な効率性をもたらすのは、段階に応じてリストを生成する

「リストアプローチ」なのです。

 

 

どれだけの良質なリストをたくさん育てるか、

セラーリストや商品リストの、”質”と”量”を高めることに

最初の1ヶ月は全力で取り組むことが重要なのです。

 

 

それさえ、持ってしまえば、収益を上げることは簡単です。

そのリストにある商品から、仕入対象を選ぶだけですから。

 

 

この辺りの、具体的な方法やサンプルのリストそのものを

無料メール講座の特典という形でプレゼントしています。

 

ご希望の方は、以下より登録お願いします。

 

無料メール講座に登録して、プレゼントを受け取る

 

 

具体的に、「どれくらいリストを集めたら良いか?」

 

 

参考までに、私が集めたセラーリストと商品リストの数は、

 

最初の1ヶ月で、セラーリスト200名、商品リスト1000件です。

 

 

これは十分可能な数値なので、一つの基準値として参考にしてみてください。

 

 

先人に学ぼう

 

 

私がコンサルティング会社にいた頃に、

数時間うんうんと頭を抱えて悩ませていた問題に、上司のアドバイスや

何気ない一声で解決してしまうということが度々ありました。

 

 

「あ~それ知ってたら、こんなに時間や苦労掛けずに済んだのに~。。。」

 

 

これって、Amazon物販でも起きていませんか?

 

 

聞けさえすれば、簡単に解決するのに、

その相手や質問がわからない。

 

 

ネット物販でさらにタチが悪いのは、

仕事やプライベートは何らかしらの組織や団体に所属しているので、

なんとか周りに聞ける人がいるのですが、

 

ネット物販では、基本的に収入を得るために自分独りでやっていることなので、

意図的に環境を作り出さなければ、聞ける相手が周りにいないということです。

 

 

だから、悩ましいことに直面しても、

聞ける相手がいなくて、なかなか解決できない状況に陥ってしまうのです。

 

 

 

これは、すごく無駄な時間なので、

 

 

「最短最速で稼ぐ」には先人の知恵と経験を利用しましょう。

 

 

何もかも自分で生み出すのは、非効率です。

 

 

既に誰かが調べたこと、経験したことは、有難く頂戴して、

自分はその先だけ努力する方が何倍も生産的です。

 

 

大抵のことはググれば出てくる世の中ですが、

もちろんネットに出回っていない貴重な情報が、

上級者の頭には詰まっていて、それを引き出せば面白いほどに収入が伸びます。

 

 

こうした環境に飛び込むのに、

モノによっては有料のコンサルや塾・コミュニティなどもありますが、

収入を加速度的に上げるためには、その良し悪しを見極めたうえで、

投資をするのはアリというか、必要だと思います。

 

 

私自身、昨年も300万円以上もこれらに投資してきましたし、

今なお良いと思うものにはお金を掛け続けていますが、

その何十倍ものリターンを得られています。

 

 

それは、自分で生み出すよりも、より早くより確実に駆け上がるためには

こうした「先人の知恵」を買うことが一番の近道で、

その価値が価格よりも大きいと思えるならば、

一切躊躇することなく投資していくのが合理的だからです。

 

 

「まだ稼げていないから、有料のサービスはまだ自分には早い」

「稼げるようになったら手を出してみよう」

 

と思われる方もいますが、

 

 

それで稼げる一歩を踏み外している可能性もあるので、

改めて考えられてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

今回は、「初心者が最短最速で稼ぐための道しるべ」というテーマで、

 

・稼ぎやすいビジネスを選ぶ

・短期集中で取り組む

・先人の知恵を拝借する

 

ことの大切さについてお話しました。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

追伸

 

無料メール講座の特典がご好評頂いているようで、嬉しい限りです。

 

そのまますぐに利益が得られる商品リスト、

リストアプローチの動画解説や在庫管理シートなど

豪華特典満載なので、ぜひ手に入れてください。

 

無料メール講座に登録して、プレゼントを受け取る

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ