店舗せどり→Amazon輸出で利益率が大幅アップ

 

山崎です。

 

今回は輸出にフォーカスした話になります。

 

為替相場の影響で利益率が下がって、

つらい思いをされている方には朗報です。

 

私が推奨している利益率アップの施策、

 

・店舗仕入

・オークション仕入

・メーカー/卸仕入

・中古商品仕入

 

のうち、今回は店舗仕入について、

考え方と具体的なやり方をお伝えしていきます。

 

これが分かれば、今日から店舗で利益率の高い商品をたくさん仕入れできます。

 

図1

 

1回だけ同行仕入ツアーをしたコンサル生の方が、

次に本人だけで店舗仕入に行ったときの結果を送ってくれました。

「仕入額25万円ほどで、想定利益約9万円出ました!」

とのことでした。

 

————————-

日米Amazonの価格差メカニズムを理解する

————————-

 

早くやり方教えて!と思われる方もいるかと思いますが、

まずは「日本と米国の価格差がどう決まっているか」を

理解するところから始めます。

 

なぜなら、

「どのような店舗で、

どのような商品が仕入れでき、

それはどのくらい稼げるのか」

を知らないことには、闇雲に行動するしかないからです。

 

この「どのくらい稼げるのか」についての基礎知識です。

 

まず、以下のグラフを見てください。

 

0001

 

日本Amazonの価格(真ん中)と米国Amazonの価格差(一番右側)

⇒ 消費税還付 + ギフト券割引など + 商品本来の利益

で構成されています。

 

これは日本Amazonで仕入れて、米国Amazonで販売する

いわゆるオーソドックスなAmazon輸出ですね。

 

ある程度取り組まれている方からすれば当たり前ですが、

 

【消費税還付】

輸出では消費税の課税業者になっていれば、

国内取引なので仕入れた商品の消費税は還付を受けられます。

逆に売上は海外なので、消費税が課税されません。

つまり、消費税部分は丸々利益になります。

 

【ギフト券割引など】

Amazonギフト券は、

アマテンなどのサイトで割り引いて購入できます。

その割引額がそのまま利益になります。

 

また、Amazon MasterCardゴールドでは、

日本Amazonでの購入額の2%も還元されるので、

現金があまり突っ込めない方などは重宝します。

こちらも仕入を割引く効果があるのでおススメです。

 

【商品本来の利益】

これは言うまでもなく、商品自体がどれだけ稼げるか、

もちろん高ければ高いほど良い仕入になります。

 

この3つを足して、Amazon輸出の利益が決まっています。

 

ポイントは2つ、

 

・消費税還付とギフト券割引の2つで、最大15%もの利益率

⇒商品本来の利益率よりも高い商品もたくさんあります。

 

・これらの前提は、競合とほとんど変わらない

⇒誰もが当たり前に還付を受け、ギフト券を割引で購入しています

 

つまり、オーソドックスなAmazon輸出では、

皆が似通った状況に置かれて行動しているので、価格が均衡しやすい

という特徴があります。

 

特に、無在庫輸出のプレーヤーは、

ツールで一括抽出した日本Amazonの最安値に

経費と一定の利益を載せて、米国の販売価格を決めているので、

似たような価格設定が多くなっています。

 

 

あたかもAmazonは金融市場であるかの如く、

日米価格は連動して動いている

日本価格が上がれば、米国価格も上がり。

日本価格が下がれば、米国価格も下がる。

 

これが、日米Amazonの価格差メカニズムの本質です。

 

 

そして、次に店舗仕入を見て行きましょう。

 

最近、店舗せどり→Amazon輸出をやり始めている方が

ちらほらと出始めてきましたが、まだまだ少数で、

店舗仕入を行っている方の大部分は国内せどらーです。

 

国内せどらーの視点では、

店舗で仕入れて、日本Amazonで販売する際に得られる利益について、

FBA倉庫への送料とAmazon手数料を差し引いて考えます。

 

実は、このAmazon手数料(8~15%)がかなり大きく、

例えば、

店舗価格(5,000円) ⇔ Amazon価格(6,000円)

のように店舗の方が安くても、

手数料が掛かると赤字になる商品には手が出せません。

 

ここで、店舗仕入とAmazon輸出を組み合わせて考えると、

 

・日本Amazonで販売する訳ではないので、Amazon手数料を考える必要がない

(米国Amazon手数料はもちろん掛かります)

 

・日本Amazonよりも少しでも安く買えたら、それはそのまま利益の上乗せになる

 

ということが分かります。

 

つまり、

日米Amazon間の仕入・販売では大して稼げない商品を

店舗で日本Amazonより安く仕入れることで、

利益率を底上げしていくこと

 

これが、店舗仕入を取り組む意義になります。

 

————————-

仕入を行う店舗はどこ? 扱うジャンルは何が良いか?

————————-

 

さて、ここまで分かれば、

仕入れの話に移っていきましょう。

 

では、何を仕入れれば良いか?

 

答えは、

販売実績のある既存商品で、店舗でより安く売られている可能性があるもの

を狙います。

 

最初から店舗仕入ればかりするのは効率が悪いです。

何が売れていて、何が安く仕入できるか見当がつかず、

手当たり次第にバーコードを読み取ることになり、

その結果、大して見つかりません。

 

まず、オーソドックスな輸出で、売れて稼げる商品の知識を溜める

そして、それをより安く仕入れできる店舗を探す

という流れの方が効率的です。

 

もちろん、直接的に販売実績のある商品自体でなくても、

関連商品などヨコ展開の発想で見つけていくこともできます。

 

では、既存商品の取り扱い数が増えてきたら、

どの商品が店舗でより安く買えそうか?

 

それは、

普段のAmazon仕入で、せどらーから購入しているもの

を狙います。

 

せどらーから購入している商品というのは、

どこかの店舗(あるいはネット)で、

Amazonよりも安く仕入れができている証拠になります。

 

これを探していくのが、近道になります。

 

せどらーかどうかは、Amazonのストアフロントで商品一覧を見れば、

雑多な商品を扱っているので、すぐにわかります。

 

それでは具体的に、

私がよく扱っているジャンルや店舗の話をします。

 

【よく仕入れるジャンル】

ゲーム、CD、おもちゃ、ホビー(フィギュア)など

 

【よく行く店舗カテゴリ】

家電量販店、ゲームショップ、GMS(イオンとか)、フィギュアショップなど

 

になります。

 

これらのジャンルはAmazonで購入する場合に、

Amazon本体から購入するか、せどらーから購入するか

どちらかのケースが多いです。

 

Amazon本体の場合は、

店舗価格ではなかなか太刀打ちできないので、

仕入できる商品は少ないのですが、

せどらーの商品はわんさか仕入れできます。

 

次に、店舗カテゴリですが、

基本的には扱っている商品が売られていれば、どこでも良いのですが、

それでも仕入れがしやすい店舗とそうでない店舗があります。

 

仕入れがしやすい店舗の見分け方は、

・特価品で特別安く売っているお店

・品揃えが豊富なお店

・カテゴリを絞っていてそのジャンルに濃いお店

のいずれかの要素を充たす店舗になります。

 

 

→ 特価品で特別安く売っているお店

 

家電量販店のヤマダ電機やビックカメラが例です。

 

これは国内せどりでも同じですが、

ワゴンや特設コーナー、期間限定販売など

特別に安くなっている商品を狙います。

 

セール情報がメルマガやtwitterで送られてくる

お店もあるので登録しておくと便利です。

 

 

→ 品揃えが豊富なお店

 

量販店のヨドバシカメラやGMSのイオン・ヨーカ堂などです。

 

1つのジャンルだけでなく、

複数ジャンルを1つの店舗で仕入れできるので、

効率が上がります。

 

店舗仕入のデメリットは、

移動時間と、手や足(車)に負担が掛かる点ですね。

1つの店舗や1つの駅で、買い回りができ、

それらの節約ができるルーティングも効率を上げるためには重要です。

 

これらのお店では、特にとても安く買うという訳ではなく、

Amazon本体の在庫がなく、プレ値(定価超え)になっている

商品の在庫があるか探すというアプローチが主体です。

 

 

→ カテゴリを絞っていてそのジャンルに濃いお店

 

ゲームショップやフィギュアショップになります。

 

このカテゴリは一旦良いお店を開拓してしまうと、

そこから継続的にずっと利益を得続けることができ、

しかも大手量販店やGMSと違い、

ライバルセラーが見つけていない可能性が高いので独占できます。

 

私がよく行っていたショップには、商品のリストを持って行って、

それに照らし合わせて仕入れるだけというだけで、

30分で、仕入額5万円・利益1.5万円程度になるお店があります。

 

ここは、開拓できるかがカギで、

「駅名 カテゴリ名(フィギュア)」などで検索すると、

町の個人商店など地場系のお店が出てくるので、

片っ端から行ってみるのが良いかと思います。

 

 

————————-

店舗ではどうやって商品を調べるか?

————————-

 

では、具体的に店舗に入って、商品が並んでいるなかから、

普段仕入れしている見覚えのある商品を発見!

 

どうやって調べたら良いか?

 

調べる点は3つです。

 

①日本のAmazon最低価格

②米国のAmazonカート価格

③米国のAmazonランキングの推移

 

国内せどりの場合は、

日本のカート価格とランキング推移の2つを判断するだけで良いのですが、

店舗せどり→Amazon輸出では、もう1つ加わります。

 

それが、①日本のAmazon最低価格

 

なぜか?

「日本のAmazonで店舗より安く仕入れできるのであれば、

店舗で買う意味がないから」

という至って、しごく当然の話です(笑)

 

まず、日本のAmazon最低価格より高かったら、その場でリサーチ終了。。

 

はい、次!

 

②米国のAmazonカート価格

 

仕入れをする時点の米国の販売価格(カート)で、

利益が取れるか計算します。

私の場合は、細かくは計算しません。

ざっくりと、販売手数料とFBA手数料を合わせて、

20%程度の費用と容積に応じた国際送料を概算で出します。

 

ここで、利益額・率が欲しい水準に届かなかったらリサーチ終了。。

 

最後に、③米国のAmazonランキングの推移

お馴染みのモノレートUSを使って、ランキングの波形をチェック。

目安は月に3回以上変動があるものを検討します。

 

ここも潜り抜けたときにカゴの中に商品を入れます。

 

ちなみに、①②と来て「イケる!かなり儲かる!」

と胸が高鳴って③を見ると、「全然売れてない><」

この時はそこまでのリサーチ時間が無駄になるので

結構がっかりします(苦笑)

 

 

よくライバルの出品者数は見ないのかという方もいますが、

おまけに見る程度です。

 

そもそも、店舗仕入でAmazon.co.jpより安く仕入ができたら、

価格優位性があるので、最悪は価格を落として単独で販売できます。

 

なので、同じものを大量に仕入れるときだけチェックするだけで良いと思います。

 

 

これらの①②③を、この順でリサーチします。

 

なぜなら、

その要因でダメになるものから順にふるい落とす方が

効率的に調べられるから

です。

 

①日本Amazon価格よりも高い商品で8割を切り、

 

残りの2割のうち、

②米国カート価格では利益が取れない商品で5割を切り、

 

残りの1割のうち、

③ランキング変動が悪い商品で2割を切り、

 

最後に残った商品を仕入れるという流れです。

 

 

これらのリサーチをするのに、

ツールの力は不可欠ですが、残念ながら、

今のところ、万能なツールはないのが現状です。

 

私は、有名なせどりすとを使っています。

 

国内せどりで使っている方が主ですが、

US側のAmazonやモノレートへのリンクが内包されているので、

そちらへ飛んでみることになります。

 

 

実は、現在、

店舗せどり→Amazon輸出用のモバイルツールを独自開発しています。

 

これを使うと、上記の①②③が

いろいろとページ遷移することなく、一発で全て見れます。

なので、バーコードスキャンして表示させたら、

5秒で仕入判断できますね。

 

もうすぐできあがって出てくる予定なので楽しみにしています。

 

こちらのツールにも興味がある方がいれば、ご連絡ください。

 

今回は、店舗せどり→Amazon輸出の話でした。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます!

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ