有在庫or無在庫、どちらで稼ぐか?

 

山崎です。

 

 

今回は、

「有在庫と無在庫、どちらが稼ぎやすいのか?」

というテーマについてお伝えします。

 

 

知らない方のために説明しておくと、

有在庫は普通の物販通り、仕入れて在庫を保有してから販売するモデルで、

無在庫は、先に販売状態にして、注文が入ってから仕入を行うモデルです。

 

 

この2つの手法、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるのですが、

 

 

何となく最初に知った方法が有在庫(無在庫)だったから、

有在庫(無在庫)しかやらないという方が多いのではないでしょうか?

 

 

それ、実は相当もったいないです。

 

 

どちらか得意な方だけやっていませんか?

 

 

最初に読んだ本やブログで説明されていたから、

有料サービスで受けたコンサルや塾で教えられたことだから、

という理由で有在庫(無在庫)を選んでいたら、

その機会損失は相当大きくなっています。

 

 

と言うのは、私が実際にそうだったからです(笑)

 

 

最初に出会ったAmazon輸入の本が有在庫のメソッドを薦めていて、

特に何の違和感もなく、有在庫だけ1年くらいやっていました。

 

 

日米の価格差から利益を調べて、モノレートで売れ筋を調べて、

最後に競合数をチェックして、「よし行ける!」と判断したら

仕入・納品・販売するという、有在庫プレーヤーにはお決まりの流れですね。

 

 

その時も、無在庫の存在は知っていました。

 

でも、なんとなく避けていました

 

 

それは、「売れたのに仕入れできなかったら怖いな」とか、

「発送が間に合わなかったらどうしよう」とか、

「1個ずつ発送するなんてオペレーションが面倒臭そう」

という理由です。

 

 

しかも、有在庫販売の方が好調だったこともあり、

「FBAで十分稼げるし、在庫も高速回転してるから、

無在庫なんてやる必要ないや」と思っていたのです。

 

 

反対に、無在庫から入られた方に聞いてみると、

「売れなかった場合の在庫リスクが怖い」

「資金がないから、クレカの返済期限に間に合わなかったらどうするの」

「ほとんどリスクのない無在庫の方が安全」

など思われて、有在庫に手を出さないと言っていました。

 

 

実際に、私の周りでも有在庫と無在庫を両方やっているという方は、

10人に聞いても、1~2人すらいないかもしれません。

 

 

しかし、実際に有在庫・無在庫を両方やってみたところ、

収益は格段に上がりました。

 

 

その上がり方は、有在庫の収益+無在庫の収益という単純な足し算ではなく、

さらに、プラスαの価値があることに気付きました。

その価値は、後段でお伝えしていきます。

 

 

もし今、どちらか片方しかやっていなければ、

もう1つも検討してみることをおススメします。

 

 

有在庫・無在庫の特徴を知る

 

 

では、片方しか取り組まれていない状況では、

なんとなく避けてきた、モデルの違いを理解するところから始めないといけません。

 

 

以下のスライドに沿って、6つのポイントを見て行きたいと思います。

 

 

図1

 

 

①利益率について、これは有在庫に軍配が上がります。

 

 

Amazonの商品ページのメカニズムで重要なのが、カートボックス(米国ではBuy Box)で、

これを取れている人から圧倒的に売れて行きます。

 

 

そして、このカートを取得できるアルゴリズムは公開されていないのですが、

価格付けに関していろいろ実験してみたところ、無在庫セラーの価格に対して、

5~15%上乗せしてもFBAがカートを取れる可能性が高いのです。

 

 

つまり、同じものでも高く売れるのがFBAの優位性になります。

 

 

そして、仕入価格についても、

無在庫ではタイムリーな仕入をしないと発送遅延になってしまうので、

基本的に小売仕入しかできない一方、

有在庫であれば、メーカー・卸、店舗・オークションなど仕入の工夫次第で安く仕入できます。

 

 

この分、利幅が大きくなるので、収益増に繋がります。

 

 

そして、費用に占める割合が大きい国際送料についても、

顧客に直接送る送料が個別に掛かる無在庫に対して、

一括して荷物を送れるFBAでは、商品あたりの国際送料を

かなり圧縮して、費用減を図ることができます。

 

 

つまり、販売価格↑+仕入価格↓+国際送料↓で、

同じ商品を販売した時の利益額(率)は、有在庫が有利になりやすいのです。

 

 

②在庫リスクについて、これは無在庫に軍配が上がります。

 

 

有在庫の場合は、売行きを予測しながら仕入を判断しますが、

100%全部売り切ることは不可能です。

 

 

実際、私が上手く回転させていた時でも、

納品後2ヶ月経っても売れない滞留在庫が、概ね1~2%ありました。

 

 

これらも最終的売れれば良いのですが、

仕入判断時は売れていたものが、ピタリと止まってしまうケースもあるので、

その場合は、赤字覚悟で叩き売りをしても売れずに、完全廃棄処分もしなければなりません。

 

 

一方の無在庫ですが、売れてから仕入れるので、ほぼノーリスクに近いのですが、

完全にゼロではないのは、返品リスクがあるからです。

 

 

海外へ発送されて戻すのに掛かる費用や、

仕入元に返品できず、再販もできない場合のリスクは、

無在庫と言えど、完全に消し去ることはできません。

 

 

とは言え、有在庫のリスクに比べれば、非常に小さくなります。

 

 

③資本効率について、これは無在庫に軍配が上がります。

 

 

資金拠出から回収までの期間を見ると、

有在庫は、①仕入~FBA納品までの期間 + ②納品~販売までの期間

+ ③販売~資金回収までの期間

この3つが掛かります。

 

特に、②販売期間は読みづらいものなので、

長期化すると資金効率が非常に悪くなります。

 

 

一方、無在庫は、上記の③販売~資金回収までの期間しか掛からないため資金効率が良く、

しかも、ほぼ期間が確定しているため、資金のコントロールがし易いのです。

 

 

ちなみに、クレカ仕入も実払いは最長40~60日後にできますが、

資金枠を使うという点で、仕入時点で拠出を認識するのが正しい理解になります。

 

 

④オペレーションについて、これは有在庫に軍配が上がります。

 

 

有在庫は、Amazon倉庫に送る荷物を一度に纏めてパッキングして発送すれば、

在庫管理や販売時の発送は、全てAmazon任せにできるFBAサービスを利用できます。

 

 

唯一手間が掛かるのは、ラベル貼りくらいですが、

こちらもAmazonの有料サービスを使えるので省くことができます。

 

 

副業で取り組まれても短時間で収益を上げられるこの手軽さが人気で、

Amazonを使った転売や輸出入に人気が出たと言えます。

 

 

一方の無在庫は、注文を確認して、発注を掛けたら、

検品・梱包・発送を、その注文毎に処理しなければなりません。

 

 

いつ注文が入るか分からないものの、対応が遅れると発送遅延に繋がってしまうので、

常に処理できる体制を整えておかないとできません。

 

 

ある程度の規模になると、自前では限界があるので、

代行会社や外注を使うのですが、そこにはスキルが必要になります。

 

外注化をして、ほったらかしで稼ぐ仕組みを作る

 

 

⑤アカウントの安全性は、有在庫に軍配が上がります。

 

 

無在庫セラーで、よくアカウント凍結・削除されたという話題になりますが、

 

 

多くは、発送遅延やセラー都合キャンセルなどのアカウントヘルスの問題か、

偽物疑惑や販売権の侵害など、不適切な商品の取り扱いによる問題のどちらかです。

 

 

無在庫の性質上、この点は完全に解消できないので、

ある程度アカウントを育てて、アカウントヘルスが多少悪化しても

凍結・削除されない状態で運営していかなければなりません。

 

 

一方、有在庫では発送がFBAのため、遅延やキャンセルは基本なく、

仮に何かあってもAmazonの責任になるので、レーティングが傷つくことはほぼありません。

 

 

実際、私が1年半運営しているアカウントも、レーティングは100(完璧な状態)です。

 

 

⑥商圏の広さは、無在庫に軍配が上がります。

 

 

有在庫では、実物をAmazon倉庫に納品するので、

他の国にも展開したければ、基本的に新たに在庫を抱えなければなりません。

 

 

例えば、北米Amazonのアカウントは、米国・カナダ・メキシコで販売できますが、

各国に有在庫で出品する場合は、それぞれの在庫が必要になります。

 

 

つまり、新たな市場にアプローチするには、

資金や在庫リスクを新たに取らなければいけない訳です。

 

 

これに対して、無在庫の場合は、各国Amazonに出品しておくだけで、

資金負担や在庫リスクを持たずに、販売機会を得られます。

 

 

長くなりましたが、以上見てきたように、

有在庫・無在庫には、それぞれ良い点・悪い点の特徴があります。

 

 

この点を理解したうえで、実践していくことが重要になります。

 

 

なぜ有在庫・無在庫を両方やるのが良いか?

 

 

有在庫と無在庫、両方やることによって、それぞれの収益を得ることができます。

 

 

当たり前ですが、有在庫で50万円稼いで、無在庫で30万円稼げば、80万円の収益になります。

 

 

しかし先に述べたように、プラスαの収益を得ることができるのは、

 

無在庫の販売情報を有在庫の仕入判断に利用することで、

売行き判定の精度を上げ、より高い利益率を取れるからです。

 

 

この点を詳しく説明していきます。

 

 

まず、無在庫と有在庫の出品までの流れを見ると、このようになります。

 

 

図2

 

 

無在庫は、仕入価格に経費と欲しい利益を上乗せして出品するので、売れなくても良いのです。

 

だから大量に出品して、一定の確率で売れて利益を取るというのが無在庫の基本戦略になります。

 

 

一方で、有在庫は在庫リスクを負っているので、

何としても売り切れるものだけを仕入れなければならないため

利益が取れ、かつ売れる商品を絞り込んで高確率で販売するという戦略になります。

 

 

有在庫・無在庫を片方だけやっていると、

 

無在庫 → とにかく沢山出品する(売れているか関係ない)

有在庫 → 厳選して出品する(売れているものに限定)

 

 

具体的には、有在庫であれば、

月にランキング上昇3回以上ある(少なくとも3個は売れている)を基準に仕入れをすると、

1個や2個売れている商品は必然的に販売機会を捨てることになります。

 

 

つまり、売れている商品に有在庫プレーヤーが集まり、

その狭い商品群のなかで、しのぎを削る状況になります。

 

 

一方で、無在庫プレーヤーは、

有在庫が捨てている売行きが少ない商品群を中心に利益を上げます。

 

 

売れ筋商品では、いずれ有在庫がより低い仕入価格と経費で参入して

より高い価格でカートを奪ってくるので、勝負ができなくなるからです。

 

 

こうして、売れ筋=有在庫プレーヤーの土壌、

低売行き=無在庫プレーヤーの土壌という構図になりますが・・・

 

 

ここにスキマがあるのです。

 

 

例えば、ランキングが付与されていないのに、実際は売れている商品など、

実は売れているけど、表面上は分からない商品群が存在しています。

 

 

これらの商品は、有在庫プレーヤーは在庫リスクを恐れて仕入しませんので、

しばらく無在庫プレーヤーの領域のままです。

 

 

これを無在庫でテスト販売してから、有在庫に切り替えることで、

在庫リスクを抑えたうえで、有在庫の高い利益率を得て、

しかもカートボックスをほぼ独占状態で取ることも可能になります。

 

 

つまり、無在庫の販売データを有在庫の仕入に活用すると、

有在庫・無在庫を単独でやっていたら得られない収益機会を取ることができるのです

 

 

この点に気付いてから、私は有在庫・無在庫のハイブリッドに切り替え、

せっせと無在庫の積み増しを行ってきました。

 

 

そして、このプラスαの機会収益を取れているだけでなく、

先にお伝えした、利益率・在庫リスク・資本効率など、

互いの不得手な部分を、互いのメリットで補い合うことができるので、

リスクが一方向に偏らなくて良いのです。

 

 

為替リスクをヘッジするために輸出入を両方やるように、

モデルの組み合わせで、それぞれの長短を補い合うことが重要です。

 

急激な円高でAmazon輸出はもう稼げないのか?

 

 

そうしないと、「為替が、在庫リスクが、利益率が、アカウントが・・・」と、

そのスポットで発生する問題に右往左往して、

安定的に収益を上げていくことができなくなります。

 

 

今回も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

無料メール講座

コメントを残す

サブコンテンツ

運営者 : 山崎 雅弘

1982年生まれ。
証券会社・経営コンサルティング会社を経て、米国の大学院に留学。
留学中に収入源が欲しいと思い、調べている際にネットビジネスと出会う。
 
2014年7月:欧米輸入スタート
2014年10月:米国輸出スタート
2015年1月:法人設立
2015年3月:売上900万、利益180万円突破
2015年4月:コンサルティング活動開始
2015年5月:リサーチ代行、ツール販売開始
 
自身の物販以外にも、情報発信・コンサルティング・ツール販売など幅広い基盤を構築。
同時に、外注化により自由な時間を創出して、ビジネス以外の活動も邁進中。


詳細なプロフィールはこちら

このページの先頭へ